FC2ブログ

last virgin

フジとまぁ。同棲して四年の年の差カップル。まぁ。は解離性同一性障害の闘病中です。その為、それに関した記事も多くなります。普段は仲良く2人で生きています。そんなこともブログに書けたらいいな。Twitterしてます→Lastvirgin28

おばあちゃんになっても。

女の子の日になりました、まぁです(;´・ω・)

お腹痛い。今日はお昼から苦しかったです。


とりあえずフジにlineで伝える。

ま「おなかいたいー泣」

フ「なんかできることある?」

ま「電話を寝る前にしたいな。

あとフジの変顔、

フジのえっちな動画、

  あとあとおっぱいはむはむさせて」


ここぞとばかりにしてほしいこと、したいことを言ってやりました♡

ま「あとブログ書いて♥」

フジさん 

優しいフジさん

ブログ書いてくれました(*ノωノ)♡ 

ありがとね。


ブログしよって言ったのは私からでフジは「いいよ^^」って嫌な顔せず了解してくれました。

けれども、もしかしたら嫌だったのかなとたまに思っていて、なのでブログ書いてって強くは強要しなかったのですが・・・前の前の記事にフジがブログに対する思いを書いてくれててすっごく嬉しくなりました(*´ω`*)

なのでこれからはたまぁに「ブログ書いて♥」ってお願いしよっと♪




さて、前置きはこれくらいにしといて今日書きたかったことを書こうかな。

お腹痛いのが落ち着いている今がチャンスだ・・・!(笑)


たぶん前にもブログで書いたと思うのですが私は食べること、眠ることと同じくらいに「考えること」もしていると思います。

周りにも「考えすぎじゃない?」と時に呆れられたり、驚かれたり、「考えないで!」と止められたりする程度に。

そして私が考えるのは暗い未来かどうしようもなく答えの出ない題を見つけて考えること。


その中でもよく考えるのが同性愛者としての将来のこと。

まだ将来を考えるのには、もしかしたら少し早い年齢なのかもしれませんが随分前から私は私の将来を考えていました。



今までの彼女の方々と付き合っている頃、私は将来が本当に不安で、相手に失礼かもしれませんが自分自身「いつか私は男と結婚して子供産むだろうな」とか考えていたのです。

笑顔で「ずっと一緒にいようね」と言い、内心は「そんなことあるわけないよ」と思う。


自分が願う未来と、自分が進む未来が、同じであることの方が圧倒的に少ない。


そして私はそこまで必死に頑張って未来を自分の望むようにしたいとも思っていませんでした。



ほどほどに大切にしてくれる男性がいたら、ほどほどな年齢で結婚をして、子供を育てる。


そう思っていました。


未来を明るくなど考えてはいけない、

今を明るく考えてはいけない、

「幸せ」を感じて受け止めてはいけない、

いつだって不安でなくてはならない、

幼い頃から心にずっとずっと言い聞かせてきたものは今になると当たり前に変わってしまいました。


しかしその中でも初めての恋人と付き合っていくことから、
「幸せ」を「幸せ」として受け止めていいことを知り
少しずつながら幸せを感じることができるようになりました。



今は心から幸福だと思えるし、

生きていてよかったと思います。



それでも抜け切れていない何かは確実にあって、いつも考える未来は世間一般で云う男性との未来か、真っ暗で何も見えない未来でした。

けれどフジと付き合うようになり、いろいろ思ったこと考えていることを話せる唯一の相手であり愛しい恋人であるフジとの未来を、ちゃんと考えるようになりました。

正直最初は上手く思い描けなかったです。

今でも上手に思い描けるかって言ったら、無理です。


けど、ふと頭に浮かんだんです。

おばあちゃんのフジとおばあちゃんのまぁ。

私たちはきっと年をとっても今の私たちのような会話をして「おいしいもの食べよう」とか言って、そのころはデパ地下とか利用してそうだなぁって。 (笑)

それで和菓子を見て「何にする?」とか話し合っていて、

お買い物がすんだらのほほんとしたかんじに手を繋いでゆっくり帰りそうだなぁって。

こたつを二人で向かい合わせに座って、

ま「フジちゃん、これおいしいよ」

フ「まぁちゃん、ちょうだい」

ま「いいよ、フジちゃんのもちょ~だい」

フ「食べやすいように一口サイズにしてあげるね」

そんな会話して二人のお家でまったりしていそうだ。



手と手を取って、年取ったおばあちゃん二人組。




初めてでした。

自分の未来に彼女が現れるのは。

そしてそれが現実味が合って違和感なくすんなり入り込んできたのは。



少しずつ、少しずつ私はフジとの未来を将来を、老後を叶えたいなと思いました。

それは私にとって初めてのことであるから、今日はここに記しておこうと思います。




ああ~こうやってフジを思いながら一文字一文字綴れること。

それがどんなに幸せなことなのか、

私はちゃんと噛みしめてフジを精一杯愛したいな。





おばあちゃんになっても

きっと私はフジと手を繋いでいると思うんです。

そうなりたいなって強く思って

そうなろうって行動に起こせるような

まずはその勇気から。

そしてフジとの幸せな未来を

ふたりでたくさん話したいです。



長く読みづらい文章でしたが、最後まで読んでくださったありがとうございます(*´ω`*)♡

クリックもお願いします…♡

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


いつも読んでくださる方、

いつもポチッとしてくださる方、

いつも拍手してくださる方、


ありがとうございます♡

おーわり。まぁでした。
スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment